バレエってお金がかかるの?バレエを習うのに必要な費用ってどれくらい?

2013.3.10大人から始めるバレエ教室自分にあったバレエ教室の選び方。

expense

バレエを習うのに必要な費用を考えてみましょう。 バレエってお金がかかるイメージを持つ人が多いと思います。では実際、大人がバレエを習うのに、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。 バレエ教室に通うには、まずは入会金が必要です。それに月々の月謝もしくはチケ ...


バレエを習うのに必要な費用を考えてみましょう。

バレエの費用1

バレエってお金がかかるイメージを持つ人が多いと思います。では実際、大人がバレエを習うのに、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

バレエ教室に通うには、まずは入会金が必要です。それに月々の月謝もしくはチケット制の場合はチケットの料金、それにシューズやレオタードなどのバレエ用品の費用が必要になります。
また通常のバレエ教室では発表会を開いていることがほとんどですが、この発表会に出演するのにも費用がかかります。

実はバレエのレッスン料は、他の習い事と比べて特別高いわけではありません。
レッスン料以外にも、このバレエ用品や発表会の会費にお金がかかることが、みなさんが「バレエにはお金がかかる」イメージを持っている原因だと思います。

特に、子供がバレエ習う場合は、このバレエ用品をカラダの成長に合わせて買い換えて行かないといけませんので辛いところです。また後で述べますが、バレエを習っていて、一番お金がかかるのは発表会の費用です。

まずは入会金。割引があるのか確認してみましょう。

まずは、一般のバレエ教室の場合は入会金が5000円から1万円ほど、バレエ団が開いているバレエ教室の場合は少し高くて、入会金が2万円ほど必要になります。また、親子・兄弟・姉妹で一緒に習う場合は、家族割引してくれる教室もあります。

スポーツクラブでバレエを習う場合、最初に入会金が必要な教室もあります。スポーツクラブの場合は、紹介キャンペーンや入会金無料キャンペーンなどをしている場合もあるので確認してみましょう。

月謝制は比較的安価なレッスン料がメリット。

月謝制というのは、月に一回、月謝(レッスン料)を払うと、週に1回か2回のレッスンに通えるというシステムです。

一般のバレエ教室の月謝(レッスン料)は、週一回のレッスンで7,000円~10,000円、週二回で1万円〜1万5千円が目安です。月謝(レッスン料)の他に施設維持費や冷暖房費、後援会費などが別途必要な教室もあります。

月謝制は、比較的安価に毎月定額でレッスンを受けられる事がメリットですが、予定が変更になってもクラスが振り返られない場合もあるなど、普段忙しい人やスケジュールが組みにくい人はおすすめ出来ません。

カルチャーセンターでバレエを習う場合は、 3ヶ月で20,000~30,000円が相場でしょうか。(チケット制を除く)ただし、トゥシューズのレッスンは別途お金が必要であったり、教室によっては冷暖房費や施設管理費が必要な場合もあります。

スポーツクラブでバレエを習う場合ですが、スポーツクラブは会費制であることが多いのですが、月会費で8,000円~16,000円が目安です。一度会員になれば何レッスン受けても費用は同じです。ただし、トゥシューズなど本格的なレッスンを受ける場合、別途費用が必要になるばあいがあります。

チケット制

チケット制とは、あらかじめレッスン料のチケットを購入しておき、レッスンを受けるたびにチケットで支払いをしていくシステムのことです。

レッスンを受ける都度、チケットで支払うことになるので、レッスンに通える曜日が変動する人や、小さい子供がいるなどで、日々の予定が立てにくい方にはお勧めのシステムです、ただし、月謝制に比べるとレッスン1回あたりの費用は、若干割高になります。
オープンクラスや月謝制の教室でも、チケット制を併用している場合もあります。この場合、チケットを購入だけでレッスンを受けられるのではなく、まずは入会金を払ってからチケットを購入するところが多いと思います。

チケット制は1レッスンあたり1,500円~3,000円程度が相場で、チケットは5枚とか10枚つづりで売っていると思います。
30枚、50枚など回数の多いチケットがある場合もあります。この場合、割安でお得な反面、有効期限がある場合もあるので、有効期間中に通いきれなければ損をしてしまいます。

月謝制とチケット制とのどちらが良いかは、本人のライフスタイルによって異なります。自分のライフスタイルをよく考えてから選びましょう。

バレエの費用2

バレエ用品の費用はどれくらい必要?

さて、バレエのレッスンに必要なバレエ用品の値段はいくらくらいでしょう?

まずはレオタード。レオタードは4,000円程度から売られています。タイツも必要です。タイツは2,000円まででしょうか。バレエシューズは布製で2,000円前後、皮製で4,000円程度で購入することが出来ます。 あこがれのトゥシューズのお値段は5,000円〜8,000円が相場です。

大人の場合は、バレエ用品が傷まないかぎり、買い換える必要がないのですが、子供の場合は、体の成長に合わせてバレエ用品を買い換えて行く必要があるので、あまり高価なものを買わない方が良いかもしれません。

発表会の費用

バレエを習っていて、一番お金がかかるのは発表会ではないでしょうか。
発表会の費用は、通う教室によって違うのですが、一人あたり5万円以上は必要になります。大きなホールで発表会をする場合や、衣装のレンタル、ゲストダンサーの主演があるような大きな発表会の場合は、10万円程度必要になる場合もあります。もし姉妹で通っている場合は、当然人数分必要になりますので、かなりの出費になります。

また、有料の発表会の場合は、チケットノルマがあることもあります。


この記事を読んだ人はこのような記事も読んでいます

taiken
自分にあったバレエ教室の選び方。

体験レッスンを受けてみよう! 体験レッスンは教室を決める重要なポイント。

classkind-1
自分にあったバレエ教室の選び方。

えっ!教室にも種類がある?まずは種類を学びましょう〜支払い編〜

classkind-2
自分にあったバレエ教室の選び方。

えっ!教室にも種類がある?まずは種類を学びましょう〜教室の種類編〜

class
自分にあったバレエ教室の選び方。

自分にあったバレエ教室(スクール)の選び方。これすごく重要です!

バレエ教室

月別アーカイブ 

キーワードで検索 

クラシックバレエ トゥシューズ バレエ教室 バレエ用品 レッスン 人気エントリー 大人バレエ 子供 発表会 衣装 費用

このサイトはリンクフリーです。リンクの際には、ご連絡いただかなくて結構です。基本的にどのページにリンクして頂いても構いません。