レオタードのサイズ直し

2012.8.24バレエブログバレエ用品の選び方と買い方

バレエ用品を購入して、サイズがいまひとつ合わない! なんて事て、案外有るんです。 子どもの場合は、直ぐに大きくなり、サイズアウト…。それなら少し大き目を。なんて思うのも当然ですよね(笑) わが家の場合は、モモが小さくて、お教室のレオタードはぶかぶかでした。シルビアのSSサイズです ...


バレエ用品を購入して、サイズがいまひとつ合わない!
なんて事て、案外有るんです。
子どもの場合は、直ぐに大きくなり、サイズアウト…。それなら少し大き目を。なんて思うのも当然ですよね(笑)
わが家の場合は、モモが小さくて、お教室のレオタードはぶかぶかでした。シルビアのSSサイズです。
シルビアの業者さんはSSは95〜105センチなんだそうです。
モモは、やっと90センチになったかどうか…だからお尻部分もぶかぶかで、手直しできる範囲じゃ無いです。
だから、ネットで90センチのを探して購入したのが、(ブログスターターセット参照) 少し、肩部分が緩くて手直しです。
後ろの肩から斜めクロスに、ピンクのゴムを付けました。
ピンクのゴムは、帽子ゴムを使用しました。
他のやり方とすれば、肩紐を調節したり、縫ったり。緩く、肩が下がる場合は、私の方法でバッククロスにゴムを付けると良いと思います。

長袖の場合は、腰したのお尻部分にだいたい着け目が有るのでそこを繰り上げて縫う方法が有ります。

いくら大き目が良いと言ってもぶかぶかは困ります。
フィットしないと、気になり、レッスンに集中できませんし、バレエのレオタードは身体の姿勢や使い方を見えやすくする為のレッスン着です。

子どもが上手くなる為には、母の愛情もたっぷり…。お裁縫は、バレエの上達と共に上手くなるのもバレリーナですから、有る程度の年齢からは教えてあげる♪ なんてのも良いかもしれませんね‼

20120824-195934.jpg


バレエ教室

月別アーカイブ 

キーワードで検索 

クラシックバレエ トゥシューズ バレエ教室 バレエ用品 レッスン 人気エントリー 大人バレエ 子供 発表会 衣装 費用

このサイトはリンクフリーです。リンクの際には、ご連絡いただかなくて結構です。基本的にどのページにリンクして頂いても構いません。